2015年

8月

08日

日本のFender事情!?

おはようございます!


猛暑日が続きますね^^;



今日のブログは、反響の多い「Fenderはどうなっている!?」の続報です。



今年の春に、それまで長い間販売を続けてきた、神田商会の「Fender Japan」と、山野楽器の「Fender USA」。


この二つのブランドが、同時に取り扱いを終了するということで、業界は騒然となりました。

(詳しくは、以前のブログをご覧くださいませ)

-Fenderが終了!?-

-どうなる!?Fenderの続報です-


先日、親しい楽器店員に話が聞けたところ、Fenderは現在、契約店舗を増やそうと鋭意営業中の様です……が、その状況は難航しているようです。


というのも、絶大なブランドネームを盾に、販売店にとってなかなか厳しい契約内容が多いのがその理由のようです。


確かに、どのブランドも、今は「特価市場」で、通常の値段では、ユーザーさんもなかなかギターを買わず、その結果安売りが氾濫し、ブランド価値を下げている印象は有りました。


それをなくし、「Fender」というブランドバリューを守るために、販売店が安売りをしないシステムを作ろうとしているようです。


コピーブランドを排除し、販売価格も落とさない。

それができないならでも実は、契約はしてやらない。

そんな姿勢の様です。


でも実は、楽器業界って、良くも悪くも結構「ユルい」ところがあり、仕入れや返品なんかも、担当営業とバイヤーのやり取りによるところが大きかったりします。
しかしながらそれも悪しき慣習とは、個人的には、感じます。


現在、フェンダーの契約店舗は伸びていないようですが、どっちが折れるのか……。

いずれにしても、業界に大きな一石を投じる事態にはなっているのではないでしょうか。



SPOON 代表 今村 直
福岡県公安委員会承認番号
第901031410034号

カメラで一枚 - 1/1

 

こんにちは!


我が家からの初日の出です。


定点観測の様に朝日を撮ると、数日でも随分日の昇る位置が違うことに気づきます。


2017年、今年もよろしくお願い致します。

~私のおすすめの一曲を更新中~

 

2017.1.7

 

おはようございます。

Week's Musicです。

 

-Gary Clark Jr.-

-Bright Lights-

 

 

ジミヘンを彷彿とさせるルックスとブルージーな楽曲、そしてギターサウンド。

 

カジノをファズで歪ませまくるサウンドはブリブリ言ってますが、それがカッコいいです。

 

ポップなセンスの曲や、ダンサブルな曲もあり、懐の深さを感じるアーティストです。

 

 

これまでのweek's musicはこちらからどうぞ★