Warmoth

Warmoth社は1980年の創設以来、USAメイドのギター・ベースのボディ・ネックのスタンダードとして、多くのプレイヤーたちに楽器のカスタマイズや改良する喜び、素晴らしさを提供し続けています。

 

トラディショナル(伝統)とモダン(近代性)の融合を常に図り、コンパウンドラディアスや、コンバージョンネック、”ドロップトップ”などの技術を生み出してきました。

 

Valley Arts(ヴァレーアーツ), Pensa-Suhr(ペンサ・サー), Sadowsky(サドウスキー),Yamaha(ヤマハ), Moon(ムーン), など「ブティックメーカー」と呼ばれるハイエンドブランドからの採用を受けた歴史こそが、ワーモス製品のクオリティの高さを物語っています。

 

高い技術を持った多くのクラフトマンが所属し、非常に音楽性に優れ、見た目も美しい木材を提供し続けるサプライヤーとの良好な関係性を築いてきたことで、ワーモスの高い品質が維持されています。

 

ワーモスの製品が、あなたの楽器を、あなただけのオリジナルでスペシャルなものにします。

 

 

 

ワーモスネックの選び方についてのご案内です。


自分のギターに合いますか…?

 

Warmoth製品のネックヒール、およびネックポケットのサイズを紹介しています。

お持ちのパーツとの適合性は、事前にお調べいただけます。

 

握った感じはどうだろう…?

 

Warmoth製品のネック形状の詳細を紹介しています。

あらゆるサイズ・形状の組み合わせができるので、自分に合ったネックをぜひ見つけてください。

 

この木どんな木……?

 

Warmoth製のネックに使われる主な木材の特徴を紹介しています。

メイプルやローズウッドのようによく見かける木材から、エキゾチックウッドまで……!

 


指板R…ラディアス…コンパウンド?

 

Warmoth製品の指板Rの詳細を紹介しています。

そもそも指板Rって…?

何気なく触っていたネックの、指板Rが気になり始めます…!

 

フレットにもこだわりたい!

 

Warmoth製品のフレットの詳細を紹介しています。

サイズ・材質を選ぶことで、音色・演奏性・耐久性が大きく変化します。

ゴールドのフレット、なんて言う見た目の選択もできてしまいます。