+Fret Size+


ワーモス製品のフレットのサイズと特徴をご案内します。

フレットにもこだわりたい!

サイズ・材質を選ぶことで、音色・演奏性・耐久性が大きく変化します。

ゴールドのフレット、なんて言う見た目の選択もできてしまいます。


Warmothはあらゆるプレイヤーに合うさまざまなフレットサイズと素材を提供しています。

下記の情報をご覧になって、あなたにベストなフレットを選んで下さい。

Dunlop製のフレットナンバーを使うのはあくまで参考用です。実際のフレット測定値は多少異なります。

Standard Nickel/Silver Fret Wire

ワーモスの標準的なフレットです。スチール製の弦でも長寿命を実現するために、良質な18%の硬質ニッケル/シルバーからできています。

このフレットは、「ニッケル/シルバー」と呼ばれますが、銀を全く含みません。成分は黄銅とニッケルです。

Warmothのニッケル/シルバーフレットワイヤーは、ビッカース硬さスケールでHV170と評価されています。 

 

No. 幅×高さ 説明 使用モデル
6230/ 2.03mm × 0.94mm (.080" × .037") 一番小さなフレット ヴィンテージFenderタイプ
6130/

2.69mm × 0.91mm (.106" × .036")

低くて幅広、ワイドロー

多くのGibsonタイプ
6105/

2.40mm × 1.19mm (.095" × .047")

狭くて背高、ナロートール

ポピュラーなチョイス
6150/

2.64mm × 1.19mm (.104" × .047")

幅広で背高、”ミディアムジャンボ” 近年物のFenderアメリカンシリーズ
6100/

3.0mm × 1.47mm (.118" × .058)

一番大きなフレット、スキャロップ感覚、ジャンボフレット Ibanezタイプ

Stainless Steel Fret Wire

素晴らしいフレットワイヤです。ステンレスフレットは、ニッケル/シルバーよりも硬くて滑らかです。

優れた耐摩耗性と素早く、ガラスのような感触を持ちます。ラウンドワウンド弦を使用する人にとっては非常に良い選択です。

Warmothが提供する、最高品質のドイツJescar(ジェスカー)製フレットワイヤは、ビッカース硬さスケールでHV 300(+/- 20)と評価されています。

*アップチャージオプションです。(+¥3,200)

 

No. 幅×高さ 説明 使用モデル
SS6230/ 2.03mm × 0.94mm (.080" × .037") 一番小さなフレット ヴィンテージFenderタイプ
SS6105/

2.40mm × 1.19mm (.095" × .047")

狭くて背高、ナロートール

ポピュラーなチョイス
SS6150/

2.64mm × 1.19mm (.104" × .047")

幅広で背高、”ミディアムジャンボ” 近年物のFenderアメリカンシリーズ
SS6115/

2.74mm × 1.3mm

(.108" × .051")

より尖った形状のジャンボサイズフレット Warmothオリジナル
SS6100/

3.0mm × 1.47mm (.118" × .058)

一番大きなフレット、スキャロップ感覚、ジャンボフレット Ibanezタイプ

Gold Color Fret Wire

Warmothの美しいゴールドフレットは、ニッケル不使用での12金に似た色合いの銅製合金で出来ています。

この最高品質の、ドイツ製ジェスカーEVOフレットは均一性に優れ、色褪せたりブラスのようになることもありません。

ステンレス製フレットとほぼ同じ硬さで、素早い動きとガラスのような滑らかな手触りを得られるようによく磨き上げられています。ビッカース硬さスケールでHV 250(+/- 20)と評価されています。

*アップチャージオプションです。

ニッケルアレルギーの方向けの耐アレルギー素材です。

 

No. 幅×高さ 説明 使用モデル
GD6150/

2.64mm × 1.19mm (.104" × .047")

幅広で背高、”ミディアムジャンボ” 近年物のFenderアメリカンシリーズ
GD6100/

3.0mm × 1.47mm (.118" × .058)

一番大きなフレット、スキャロップ感覚、ジャンボフレット Ibanezタイプ

Choosing a Fret Wire

正しい材質やサイズのフレットを選ぶということは、純粋に個人の好みの問題です。

一般的には、低いフレットはコード弾きやリズムプレイ向きに、高い背のフレットはチョーキングやリードプレイに向くと言えます。

6105と6150はワーモスの中でも一番人気のフレットサイズで、最もバランスに優れています。

 

フレットの幅が、フレットのすり合わせを必要とするまでの摩耗量を決定します。

広いフレットは寿命が長く、狭いフレットは早く減ります。最も長寿命でスムーズなチョーキングが得られるのはステンレスフレットです。

ゴールドフレットは独特の見た目を持ち、また低アレルギー素材でもあります。