+Neck Profiles+

ワーモスで選択できる、ネックの形状と特徴をご案内します。


Neck Profileとは、ネックの握り具合や形のことで、手触りや心地よい演奏性にとても大きくかかわる要素です。どの仕上げが一番最適化を選ぶために、それぞれのシェイプのサイズ(指板の表面からネックの背面までの厚み)とあなたのお気に入りのネックを比べてみてください。

「*」はアップチャージオプションです。

 

Standard Thin

Standard Thin(スタンダードシン)は、ワーモスで一番人気のネックシェイプで、近年物のフェンダーネックによく似た形状です。このミディアム”C"シェイプは、多くのプレイヤーが「弾きやすい」と感じる形状です。

 

似たシェイプ

近年物のFenderアメスタSTやアメスタTLネック

 

1フレット部での厚み

.800” (20.32mm)

 

12フレット部での厚み

.850” (21.59mm)

 

Fatback

Fatback(ファットバック)は、ワーモスで一番太くて丸いネックで、ファットなビンテージのフィーリングを愛する方のために作られました。

 

似たシェイプ

ヴィンテージFenderのディープな”U"シェイプネック

 

1フレット部での厚み

1.00” (25.4mm)

 

12フレット部での厚み

1.00” (25.4mm)

 

Boatneck

Boatneck(ボートネック)は、Fatbackと同じ厚みですが、両脇が少し削られたいわゆる『船底型』ネックです。おかげでFatbackと同様の厚みをもちながら、握りこみのしやすい形状

となりました。

 

似たシェイプ

ヴィンテージテレキャスター(52リイシュー)

 

1フレット部での厚み

1.00” (25.4mm)

 

12フレット部での厚み

1.00” (25.4mm)

 

59 Roundback*

59 Roundback(59ラウンドバック)は、初期レスポールネックのサイズに基づいたシェイプです。これはPRSのネック形状にも最も近いネックシェイプです。

 

似たシェイプ

Gibson 1959 Les Paul

 

1フレット部での厚み

.860” (21.84mm)

 

12フレット部での厚み

.960” (24.38mm)

 


Clapton*

Clapton(クラプトン)シェイプは、Eric Clapton(エリック・クラプトン)の使用により広く知れ渡ることになった、ソフト”V"シェイプです。

 

似たシェイプ

初期FenderエリッククラプトンシグネイチャーST

 

1フレット部での厚み

.850” (21.59mm)

 

12フレット部での厚み

.940” (23.88mm)

 

SRV*

SRVシェイプは、Stevie Ray Vaughn(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)の使用により広く知られる、非対称ネックです。心地よいグリップ感と、フィンガリングの演奏性を両立できるように、親指(6弦)側は少し丸く、他の指(1弦)側は削られています。Wolfgangと比べると、少しだけ太目で、センターのずれが中央寄りです。

 

似たシェイプ

初期FenderスティーヴィーレイヴォーンシグネイチャーST

 

1フレット部での厚み

.835” (21.21mm)

 

12フレット部での厚み

.970” (24.64mm)

 

Wizard*

Wizard(ウィザード)は、薄く、平らなネックシェイプです。80年代に人気を博し、現在でもその人気は衰えません。このシェイプは、スピーディーで正確なフィンガリングを助けてくれます。

 

似たシェイプ

Ibanez Wizard II ネック

 

1フレット部での厚み

.750” (19.05mm)

 

12フレット部での厚み

.820” (20.83mm)

 

Wolfgang*

Wolfgang(ウルフギャング)は、Eddie Van Halen(エディー・ヴァン・ヘイレン)の使用により広く知られる、非対称ネックです。非常にしっかりとしたグリップ感と、素早いフィンガリングを両立できるように、親指(6弦)側は少し丸く、他の指(1弦)側は削られています。SRVと比べると、少し薄めで、センターのずれがより深い非対称ネックです。

 

似たシェイプ

Peavey Wolfgang ネック

 

1フレット部での厚み

.815” (20.7mm)

 

12フレット部での厚み

.940” (23.88mm)