· 

エフェクターの森に踏み込んでしまいそうです。

完全に思い出話の独り言です……。

 

以前働いていた楽器店は、いわゆるバイイングパワーと言うのでしょうか、それが全然無くて、本当に一番良くない条件で物を仕入れているのに、大手と同じ価格で販売してたので、全然もうからず、休みも全然なくて、全体的に『全然』な職場でした。

でも、そんな全然な職場は、ノルマも全然なくて、厳しい決まりごとも全然なくて、スタッフの好きなBGMを店内で流すような、なかなか居心地の良い職場でもありました。

販売しなければいけないブランドもなかったし、会社の上層部も楽器に詳しくなかった(!)ので、比較的自由に商品ラインナップを選ぶことができました。

とはいえ、バイイングパワーはありませんでしたので、大手ブランド物を並べても、数も価格も大手楽器店の足元にも及ばない。必然的にマニアック路線に進むことになります。もとがアマノジャクな性分ですので、望むところだったのですが……。

 

しかし、どんなにマニアックでも竿もの(ギター・ベース)は、価格面で大手やネットに勝てない。

 

となると「エフェクター」だ!

 

小さいし、スペース的にも困らない。

価格も、マニアックなものほど量産しておらず、仕入れ値の差を設けていない。

そこで、当時の僕は、関東ではやっているブランドや、多く流通していないブランドにアプローチして、新規取引先をたくさん見つけてきました。

VEMURAMやFree The Tone、320 designとも取引してもらいました。多分九州で一番最初だったと思います。Jan Rayを弾いたときはかなり衝撃だったなあ。

 

このブログでも書いたことがありますが、Walrus AudioやBearfootともこの頃出会いました。

マニアックなエフェクターの販売をしているお店さんとも取引ができ、Peddal Diggersやnature Soundなどの良質な国産ブランドも並べることができました。

それまで、BOSSか、高くてもHOT CAKEぐらいしか置いてなかった店のエフェクターの在庫が、金額的には5倍くらいになりました。

 

 

なんで、こんな思い出話をしているかというと、先日入荷したPartsPipeを弾いたときに、完全に思い出してしまったのです。

何をかというと、「エフェクターのワクワク感」を、です。

 

ギターを替えるのとは違う。

ピックアップやコンデンサを替えるのとも違う。

何というかエフェクターはまた特別だと思うんです。(僕にとって)

 

アンプを替えるのも楽しいけど、経済的にもスペース的にも難しい。

でも、同じくらい音質が変わるのがエフェクターという小箱のワザ。

 

ギターやピックアップを替えるのは、ある意味「前のもの」を廃する行為になるのかなあ。共存はできませんもんね。

その点、エフェクターというものは「今の自分を活かす」行為を手伝ってくれるのかもしれません。だから良い音になったときに、無条件で嬉しく思える。

 

このワクワク感を思い出した僕は、今エフェクターの物色ばかりしています。

 

SPOONのアイテムページに、変なエフェクターが並びだす日は遠くないと思います。

 

 

 

 +++++

 

何の冗談もないブログでごめんなさい。

読んでくださってありがとう!