確かな品質と、多彩なオプション。

Warmothのオーダーネックは、既製品とは別格。

 

「手をネックに」合わせるのではなく、

「ネックを手に」合わせる。

 

『理想のギター』に近づくための

大切な一歩です。




ワーモスネックの選び方についてのご案内です。

準備中です、ゴメンナサイ!🙇


自分のギターに

合いますか…?

 

弾きやすさに大きく

関わる「グリップ感」

 

この木

どんな木…?

 

指板R…ラディアス…コンパウンド?

 

フレットにも

こだわりたい!

 


+Construction+

ネックの構造が

変わると…?

 

+Scale+

スケール

→ネックの長さ

 

+Nut Material+

ナットの種類と

特徴は…? 

+Number of Frets+

フレットが増えると

どうなる…?

 

+Nut Width+

けっこう大事!

ナットの幅


+Binding+

高級感が数段アップ!

バインディング

+Position Mark+

自分だけのネックに

素敵なマークを…!

 

+Side Adjustment+

画期的な

ロッド調整システム

 

+Peg Hole+

ペグの種類と

穴のサイズ

 



Warmoth

Warmoth社は1980年の創設以来、USAメイドのギター・ベースのボディ・ネックのスタンダードとして、多くのプレイヤーたちに楽器のカスタマイズや改良する喜び、素晴らしさを提供し続けています。

 

トラディショナル(伝統)とモダン(近代性)の融合を常に図り、コンパウンドラディアスや、コンバージョンネック、”ドロップトップ”などの技術を生み出してきました。

 

Valley Arts(ヴァレーアーツ), Pensa-Suhr(ペンサ・サー), Sadowsky(サドウスキー),Yamaha(ヤマハ), Moon(ムーン), など「ブティックメーカー」と呼ばれるハイエンドブランドからの採用を受けた歴史こそが、ワーモス製品のクオリティの高さを物語っています。

 

高い技術を持った多くのクラフトマンが所属し、非常に音楽性に優れ、見た目も美しい木材を提供し続けるサプライヤーとの良好な関係性を築いてきたことこそ、ワーモスの高い品質が維持されている理由です。

 

ワーモスの製品が、あなたの楽器を、あなただけのオリジナルでスペシャルなものにします。