· 

ギターが折れた!!

こんにちは!

nbsp;

博多はそろそろ山笠の季節です!


今日は、ギターの悲しい話、ネック折れについてのお話です。唐突に。

みなさん、ギターを折ってしまったことはありますか?

 

え? 曲が終わって叩き壊した?その後、焼いた?


そんなVooDooな人はかっこいいですが、思わずギターを倒して折ってしまった人は多いのではないでしょうか?

 

はい、私も折ったことがあります。

ギターは、え!? その位の衝撃で折れるの!? という位の衝撃で折れます。
特に、レスポールやアコースティックギターは要注意です。

と言うのも、チューニングしたギターの弦の張力は、約60kg近くの力にもなり、かなりの強さでネックを引っ張っているのです。

加えて、マホガニーという柔らかめの木を使用しているギターは、わずかな衝撃でも弦の張力が倍加されて、木が折れてしまうのです。
車の中でハードケースに入れていたのに、ケースを開けたら折れてた、なんてこともあるくらいです。

おそらく、車内の温度と衝撃が原因だと思われます。


さらに、先述のレスポールなどのギブソン系のギターは、ストラトやテレキャスよりも折れやすい構造をしています。

それは、ヘッドの角度です。

ギブソン系のギターは、ヘッドが傾斜しており、それによりナットへのテンションが適度にかかることで、弦が安定しています。

フェンダー系のギターはそれが一直線で、代わりにストリングガイドやテンションバーにより、ナットへのテンションをかけてやることができます。

しかし、この構造の違いは、強度的には大きな差を生み出しました。


フェンダー系のギターは、倒してしまってもネックが折れることは、あまりありません。(僕はまだ見たことはありません。)
それは、ネックとヘッドが一直線だからです。

しかし、ギブソン系のギターは、その角度により、ギター自体のボディよりもヘッドの先端の方が後ろにせり出しています。
そのため、倒した時にヘッドの先端が着地することが多いのです。
そうなると、極端にいうと『へ』の字山の部分にあたる、ヘッドとネックの付け根の箇所に大きな力がかかり、ギターは折れてしまうのです。

折れたギターを再接着するリペアは、¥50,000以上はかかってしまう、高額なものです。
そして、腕の良いところにお願いしないと、リペア跡が残ってしまうものです。
(経験談ですよ……(/ _ ; ))

それでは、不測の事態を防ぐ方法です。

まず、移動中や、長期の保管の際は弦を少しでも緩める。これで、ネックにかかる力はかなり軽減します。


また倒れやすいところに立てかけない、というのも絶対です。
お母さんが掃除機をかけるところに置いていませんか?
(経験談ですよ……(/ _ ; ))


そして、梱包の時などにも必ず気をつけたいのは、ネックにまくらを敷いてあげることです。
ヘッドとネックの付け根にスポンジの入ったケースはありますが、あれは効果的です。


ヘッドの先端を、他の箇所に接地しないようにネックに高さを出してあげるのです。ヘッドは浮いた状態になります。


ギブソンなどのハードケースは、こういう構造ですね。


そうすることで、悲しい事態は、なるべく、極力、出来るだけ、避けましょう❗️